無添加コスメの特徴

化粧品には肌なじみや使い心地を良くしたり、長期間保存できるようにしたりなど、様々な目的のために化学物質が使われています。
化学物質の中には肌に良くないものも含まれていて、アレルギーなどを引き起こす危険性のある物質もあります。
肌に危険のある成分が省かれているのが無添加コスメです。
肌にダメージを与える成分が配合されていませんから低刺激で肌に優しく、肌トラブルを起こす危険性が少ないという特徴があります。

無添加コスメはデリケートな肌でも安心して使える

乾燥肌や敏感肌の方は肌本来のバリア機能が弱くなっていますから、ちょっとした化粧品の添加物や化学物質でも、肌トラブルを起こしてしまいます。
化粧品の化学物質というのは肌のバリア機能を壊してしまう可能性がありますから、毎日使っていると肌が刺激に弱くなってしまいます。
元々デリケートな肌質の場合には乾燥やかゆみ、赤み、かぶれなどを起こしやすいです。
低刺激な無添加コスメなら肌にも優しいですから、肌トラブルのリスクを減らして安心してケアができます。

無添加コスメは肌本来の機能を高められる

石油系の化学成分が省かれている無添加コスメは与えるケアではなく、肌の回復を手助けしてくれるケアが行えます。

化学物質が肌のバリア機能にダメージを与えてしまって、肌は水分を保てなくなってしまいます。
しかし、石油系の潤いを保つ成分や肌表面をベールで覆うような成分を与えることで、肌が潤った状態を作り出すことができます。

無添加コスメは、肌の回復を手助けするためのシンプルな天然由来成分しか含まれていません。
肌が元々持っている機能を少しずつ回復させることで、自ら潤った状態になれるようにサポートしてくれます。
肌そのものが元気になりますから肌トラブルを根本的に改善することにつながり、肌のコンディションを引き上げてくれます。

洗顔などがいい例ですが、洗顔ひとつでも肌質が大きく左右されます。個人的に使用しているのはどろあわわです。

無添加コスメは無添加の数が多いほど肌に優しい

無添加コスメは何が無添加かによって、肌への優しさの度合いも違ってきます。
無添加の添加物や化学物質の数が多ければ多いほど肌への刺激を減らすことができますから、当然肌にも優しいです。
敏感肌で低刺激なコスメを求めているなら、無添加の物質が多いものを選びましょう。

究極的に肌に優しいのが完全無添加コスメです。
化学物質が一切使われていませんから、安全性が高く敏感肌でもピリピリした刺激などを感じずに安心して使えます。
肌トラブルの原因となる物質が入っていませんから、デリケートな肌の方は完全無添加コスメがおすすめです。

使用期限と保存方法に注意

防腐剤や保存料なども肌に刺激を与えてしまいますから、無添加コスメの種類によってはこれらが含まれていない場合があります。
肌にとっては嬉しいことなのですが、コスメの管理にはしっかり気をつける必要があります。
通常のコスメは長持ちしてくれますが、無添加コスメはそうはいきません。
一般コスメよりも使用期限は短いですから、期限を守って正しい使い方をしましょう。

また、保存方法にも注意が必要です。
冷蔵庫保存が必要なコスメや光に当ててはいけないなど、保存方法が決まっている場合があります。
これを守らないと劣化が進みやすいですから、説明書には必ず目を通して決まった保存方法を取るようにしましょう。

サンプルでお試ししてから使う

低刺激な無添加コスメでも、人の体質や肌質は十人十色ですから、合う合わないがあります。
そのため、現品を使う前に必ずサンプルをお試ししてみて、肌に異常がないかを確かめるのが大切です。
パッチテストを行ったり満足できる使用感かどうかなど、サンプルを使いながら自分に合っているかどうかを判断しましょう。
コスメの満足感というのはとても重要で、朝晩毎日使うものだからこそこだわりたいポイントです。
あらゆる点で満足できる無添加コスメを見つけて、継続して使っていくようにしましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です