ラブドールの居る生活とは。おむかえが急増中

大阪市のイベントスペース「なんばシェリル」で、「ラブドールミーティング」という別の色のイベントが開催されました。会場オーナーのB. Kashiwagi(38歳)が愛のラブドールを購入し、最初に披露した。

愛のラブドールの最初の「開会式」が日本で始まり、頭がちょうど到着したとき(頭部)、その歓声が上がった。観客の視線は、柏木さんの友人のSAKITANの「愛のラブドール」の清掃方法についての講演となりました。あなたがどれだけシリコーンを愛しているか心配していると言われて、その表情は変わります。

「ヒューマンラブドールファクトリー」の2人の女性が、下着、ドレスアンダーウェア、ラブドールの服を着ています。その後、かつらを切り、写真を撮ってください。抽選では「命名式」も行われ、「ヨガノー」と名付けられました。ヒューマンラブドールファクトリーでは、女性が女性のラブドールを大阪市で作って写真を撮るようにするサービスを提供しています。

柏木さんは、「ギャラリー愛のラブドール写真展で毎日展示されている愛のラブドールを見ているうちに、私の愛情が沸いてきました。実物大のラブドール製造販売会社「4ウッズ」と呼ばれるこのモデルを買ったすっごい、私は埼玉県のショールームに向かい、それを選んだ」

愛のラブドールは男性から性的パートナーとして購入されていますが、最近はかわいい服を着て、写真を撮ったり、ガールフレンドとして一緒に住んでいる人が増えています。この傾向は海外のマスコミにも注目されています。

ちなみに、柏木さんは「私はこれを言わなければならないが、私には適切なガールフレンドがいて、私は彼女の理解を得ている。私が最初の夜を迎える時期を考えていたら、それは思う」

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です