乳酸と酢酸を生成するビフィズス菌

善玉菌の仲間、ビフィズス菌

人の腸内には善玉菌、悪玉菌、日和見菌と多くの細菌が存在しています。
その細菌の数はおよそ100兆個と言われており、人の細胞の数およそ60兆個よりも多くなっています。

善玉菌、悪玉菌、日和見菌の割合は健康な人の場合、2:1:7と考えられています。
バランスが取れている状態なら問題ありません。

しかし悪玉菌が優勢になると腸内環境が悪化してしまいます。
特に日和見菌は優勢の方に味方すると言う性質があり、悪玉菌が優勢になると悪循環となる可能性があります。

腸内環境が悪化すると便秘に繋がりやすいため、健康のためにも善玉菌を積極的に腸内に補給したいところです。

そんな善玉菌として知られているのがビフィズス菌です。
ビフィズス菌は乳酸と酢酸を生成するビフィドバクテリウム科の細菌です。
酢酸には優れた殺菌作用があり、悪玉菌が増殖し過ぎるのを抑える働きがあります。

酢酸の生成能力が高いビフィズス菌

酢酸の生成能力が高いビフィズス菌なら、病原性大腸菌であるO157など身体に重大な悪影響を及ぼす細菌感染の予防にも繋がると言われています。
悪玉菌はアルカリ性を好む性質があり、腸がアルカリ性にかたむくと蠕動運動が弱くなり便秘に繋がりやすくなります。

乳酸はハードな運動をした時などに体内で生成される物質です。
乳酸と言う名前が付いている通り、酸性となっています。
ビフィズス菌には乳酸により腸内を酸性にかたむけ、腸の蠕動運動を活発にする働きもあります。

ビフィズス菌は1兆個から10兆個、人の腸内に存在している

その他にもビフィズス菌にはビタミンB群である葉酸の生成をサポートする働きがあります。
妊娠中に葉酸が不足するとお腹の中の赤ちゃんに先天性疾患のリスクが高まると考えられています。
妊娠中の女性もビフィズス菌を積極的に補給したいところです。

ビフィズス菌の他にも善玉菌として知られているのが乳酸菌です。
同じ善玉菌と言うイメージが強いものの、様々な違いがあります。
ビフィズス菌は1兆個から10兆個、人の腸内に存在していると言われています。
しかし乳酸菌はビフィズス菌と比べると100分の1から1万分の1と言われており、数が少ないです。

乳酸菌は乳酸を生成する働きがあるものの、ビフィズス菌のように酢酸を生成する働きまではありません。
ビフィズス菌と乳酸菌では形が異なります。
ビフィズス菌はY字状やV字状、乳酸菌は球状や棒状となっています。
ビフィズス菌と乳酸菌では存在する場所にも違いがあります。
ビフィズス菌は人や動物の腸内、乳酸菌は人や動物の腸内の他、自然界や乳製品、発酵食品などに存在しています。

細菌には酸素があっても増殖する通性嫌気性、酸素があると増殖出来ない偏性嫌気性と大まかに分けて2タイプあります。
ビフィズス菌は偏性嫌気性、乳酸菌は通性嫌気性となっています。

一般的なヨーグルトでは乳酸菌であるサーモフィラス菌とブルガリア菌によって発酵させています。
そのため全てのヨーグルトにビフィズス菌が含まれている訳ではありません。

中にはビフィズス菌も加えて発酵させているヨーグルトがあります。
乳酸菌にも整腸作用は期待出来ますが、ビフィズス菌も含まれているヨーグルトの方が優れた整腸作用が期待出来ます。

酸素が存在しているヨーグルトの中でもビフィズス菌が死んでしまうと言う心配は少ないです。
それはヨーグルトの容器に酸素を通しにくい素材を使用したものが多いからです。
乳酸菌の発酵により、酸素の少ない状態へと近づくために大丈夫です。

ビフィズス菌は熱に弱い

ビフィズス菌は熱に弱いと言う性質があります。
一般的には50度を超えると死滅が始まり、70度を超えると1分ほどで殆ど死滅すると言われています。

ビフィズス菌が含まれている乳製品を温める時は、50度を超えないように注意して下さい。
サプリメントに含まれているビフィズス菌は60度を超えると死滅が始まると言われており、10度ほど高い耐熱性があります。

そう考えると、現在流行中のスリムプリンセスなどはデザート感覚で効率的にビフィズス菌を摂取できる優れものかもしれませんね。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です